料理とワイン
カリフォルニア料理は、世界でも最もエキサイティングな料理のひとつ。ある意味、構築中、進行中の料理でもあります。若く、革新的なシェフたちは、その限界を試すかのようにアジア、ラテンアメリカ、地中海などの料理からアイディアやテクニックを取り入れ、大胆なアプローチでテーブルを楽しませてくれます。
ゴールドラッシュの時代に、金の代わりにサンフランシスコ湾の牡蠣の美味しさを発見したフォーティ・ナイナーズ(金鉱を求めて1849年以降集まった人たちのこと)に始まり、ラテンアメリカや東南アジアからの移民がカリフォルニアのテーブルを豊かにしているカリフォルニアは、いつも食文化のるつぼでした。このような料理は、時にはフュージョンとも呼ばれます。例えば、モンゴル風ココナッツカレーソースをかけた子羊肉のグリルには、ビッグでジューシーなジンファンデル。料理の風味が爆発し、ワインの凝縮味がとてもよく合います。
カリフォルニアの料理文化は、菜園、果樹園、海、畑から集まる各地の豊かな食材に基づいています。リンゴからズッキーニまで新鮮な果実や野菜は年間を通して手に入ります。地元産の鶏、子羊、豚、牛とその種類は豊かで、オーガニックも珍しくありません。海の幸といえば蟹、鮭、オヒョウ、カサゴ、それにハマグリ、ムール貝、牡蠣の養殖も盛んです。地元のチーズ生産者らは、国際的に評価され、山羊、牛、羊からおいしいチーズを作っています。19世紀にカリフォルニアはオリーブやオリーブオイルの主な生産地でもありました。その伝統は、今復興され、手作りのオリーブオイルが、その多くはワイナリーによって生産され、世界の最高級品と肩を並べています。
食卓にワイン
もちろん、カリフォルニアのすばらしいワインは、カリフォルニア料理の形成に重要な役割を果たしています。世界のどこを廻っても、シェフほどワインと料理の組み合わせに注意を払う人たちはいません。
よいレストランならどこもがバイザグラスのワインプログラムを提供し、熟練のソムリエがそれぞれのメニューに最適なワインを薦めています。カリフォルニアのワイン生産者は、ワインは食事の大切な一部と考え、ディナーのテーブルにはワインは欠かせないものだと主張してきました。
カリフォルニアのワイナリーの多くは専属のシェフを抱え、ベリンジャー、ケークブレッド、フェッツァーといったワイナリーでは、一般消費者を対象に料理教室も展開しています。CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)はナパに拠点を置く料理学校で、毎年何千人ものシェフをトレーニングしています。サンフランシスコのカリフォルニア・カリナリー・アカデミーも同様に活躍しています。
手短に言えば、カリフォルニアで美味しい料理を楽しまなければ、まだ努力が足りないということです。
ページTOPへ戻る
カリフォルニアワインの魅力を知る
バイ ザ グラス プロモーション実施中 !

California WINES
INSPIRED BY LIFE