ゴールデン・ステートへようこそ

CLICK HEREカリフォルニアはニューワールドのワインと見なされがちですが、最も新しいオールドワールドのワイン産地とも呼ばれています。カリフォルニアのワイン造りの歴史は、スペイン人伝道師たちがメキシコからワインの醸造を伝えた1700年代末期に遡ります。ほぼ250年にわたるワイン造りの伝統と経験、近代の技術革新と改善、そして葡萄栽培に理想的な気候の組み合わせが、カリフォルニアを地球上で最高のワイン産地のひとつにしています。

カリフォルニアワインは、その高い品質、信頼性、多様性という点でよく知られています。カリフォルニアは世界でも最も変化に富んだワイン産地が存在し、およそ100の葡萄産地に100種類の葡萄品種が栽培されています。それらの産地は、様々なマイクロクライメット(局地気候)や土壌タイプ、世界的な経験を積んだワインメーカーに恵まれ、さらにその多様性を深めています。

カリフォルニアワインは、レアなカルトワインからスーパーマーケットに並ぶデイリーワイン、そしてその中間のワインに至るまで、ワイン1本1本にその品質が認められます。どの価格帯においても、カリフォルニアが世界の他のワイン産地に劣らない事実は、疑う余地がありません。


カリフォルニアの全貌
面積 404,000 km 2
州都 サクラメント
人口 3,700万人
州のニックネーム ゴールデン・ステート
州のマスコット動物 グリズリー・ベア
ワイナリー数 1,605
葡萄栽培農家数 約4,500
葡萄栽培面積 208,000ヘクタール
収穫量 2,700万トン(2004年)
ワイン生産量 年間20億リットル(約30億本)
カリフォルニアは生産量では、イタリア、フランス、スペインに続いて世界第4位
アメリカ政府公認葡萄栽培地域(AVA)の数 94
赤品種 40種類以上
白品種 26種類以上


需要の高いカリフォルニアワイン カリフォルニアワインの世界的な需要は、年々急激に増えています。1985年の輸出量は3500万ドルでしたが、過去20年の間に、2004年には8億800万ドルを記録しました。この数値は、毎年平均20%の成長をしていることになります。カリフォルニアワインの輸出先トップ10は、イギリス、カナダ、ドイツ、日本、オランダ、スイス、アイルランド、メキシコ、デンマーク、ベルギーです。

1986年から2004年におけるアメリカワインの輸出量と輸出額

1986年から2004年におけるアメリカワインの輸出量と輸出額

ページTOPへ戻る
カリフォルニアワインの魅力を知る
バイ ザ グラス プロモーション実施中 !

California WINES
INSPIRED BY LIFE